ファンクショナルトレーニングジムREALFIT"リアルフィット"ダイエットジム体験記を紹介する口コミブログ。60日間ダイエットプログラムの効果の記録

私のREALFIT"リアルフィット"|東京ダイエットジム

ダイエットコラム

成長ホルモンをドーッと増やしてダイエットにつなげる3つの秘訣

更新日:

俗にいう美魔女は実年齢よりもスタイルも良く、肌も若々しさを保っていて、実年齢には見えない女性の事を言いますね。この秘訣はズバリ成長ホルモン。

ご存知の方も多いと思いますが、雑誌ターザンでも成長ホルモンの記事が度々特集されています。

ホルモンとは!

体の中から分泌されている物質で、体のさまざまな機能をコントロールするための大切な役割があり、100種類以上のホルモンがあるといわれています。
それぞれのホルモンは違った役割をもち、身体の機能を維持しています。

成長ホルモンとは!

成長ホルモンとは、身体の中から分泌されている100種類以上のホルモンの中の1種類で脳の底部にある“脳下垂体”という部分から分泌されています。英語では英語では、"Human Growth Hormone"と呼び略すとHGHです。

グループダイエットの面白さ

成長ホルモンの役割

成長ホルモンの主な働きは成長ホルモンの主な働きは2つあります。

  • 各器官へ分泌されることでその組織の成長を促す事。
  • 代謝をコントロールする事。

成長ホルモンの信号が発信されると、成長ホルモンを受診する受容体がある場所に受信され組織に働きかけられて成長や代謝が促進されます。具体的な例を上げると、骨の成長やバストアップなどに関わっていきます。成長ホルモンは代謝も促進するため脂肪燃焼を助け、細胞同士の結びつきを強めたり、抵抗力を上げたり、筋肉の修復を促すなど成長ホルモンはとても重要な役割を担っています。

成長ホルモンが引き起こす影響

成長ホルモンには身体にとって不可欠で、分泌されることで良い影響も多く見られます。残念ながら成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減ってしまいますが、筋トレなどのトレーニングを行うことで成長ホルモンを継続的に分泌させることが可能です。トレーニングを行うことで、加齢による成長ホルモンの減少を最小限に抑えることが出来るのです。

グループダイエットの特徴と成功率

骨端線(こったんせん)で成長ホルモンを受信すると、骨を伸ばし、骨強度を上げ、骨粗しょう症も防ぎます。

バスト

バストのラクトゲン受容体で成長ホルモンを受信するとバストを豊かに成長させます。

脂肪燃焼(ダイエット)

成長ホルモンは代謝を上げる働きがあるので、脂肪の燃焼を促進サポートします。

記憶力を高めたり、疲れを蓄積しないようにサポートします。

免疫機能

免疫力を上げ、病気への抵抗力を上げてくれます。

筋肉組織

筋肉や細胞のの修復を促し、細胞同士の結びつきを強くします。

アンチエイジング

新陳代謝を上げることで、肌のターンオーバーを促進するなどアンチエイジングの効果を引き起こします。肌だけでなく、髪の代謝を促進する効果もあるため、良い美しさを引き出すことが出来るのが成長ホルモンの特徴です。

食欲抑制

トレーニングなどで成長ホルモンが分泌されると、食欲を抑制してくれる効果もあります。自然と食欲が落ちるので食べすぎを防ぎ、ダイエットにも効果的です。
運動するとお腹がすく。という認識は過去のものなのです。

成長ホルモンをドーッと増やす3つの方法

ホットヨガでリラックス効果

成長ホルモンを出す①無酸素運動トレーニング

成長ホルモンを分泌する一番の方法は無酸素運動です。
(有酸素運動でも成長ホルモンは分泌されますが、効率的なのは無酸素運動)
短距離走や筋力トレーニング、ウエイトリフティングなど短時間かつ運動強度の高いものが無酸素運動にあてはまります。リアルフィットでよく使われているケトルベルのトレーニングも無酸素運動です。

筋肉がトレーニングで傷つき、修復を行う時に成長ホルモンは最も分泌されます。

筋トレを行ったら、ストレッチをすることで良り脳に筋肉修復のスイッチを与えやすくなります。

成長ホルモンを出す②睡眠の方法

午後10時~午前2時までが成長ホルモンの黄金タイム
この時間は出来る限り寝ていることで、成長ホルモンを効率的に体全治に行きわたらせることが出来ます。

寝ると疲れが取れる=成長ホルモンの働き

なのです!
寝ている間に成長ホルモンが分泌されることで、紫外線などで傷ついた肌や組織を回復させ代謝を促進してくれます。
加齢によって成長ホルモンが減ってしまうと、寝てすっきりした!という感覚も減ってしまうのです。加齢による成長ホルモンの減少を食い止めるためにも、黄金タイムにはしっかりと睡眠を取る癖をつけてください。

さらに、より質を上げるためにはいくつかのポイントがあります。

  • 寝る前にスマホは使わない(触らない)
  • 就寝時の一時間以上前に入浴を終わらせる(シャワーはおススメできません)
  • 就寝時は真っ暗が基本
  • 就寝前のカフェインやアルコールは控える

成長ホルモンを出す③食事の方法

アミノ酸を多く含む食事+血糖値の乱高下を防ぐ

これがポイントです。
トレーニング前にアミノ酸(アルギニン)を摂取することで、トレーニング中の成長ホルモンの分泌をさらに促してくれます。
アルギニンは非必須アミノ酸なので、体内でも生成することが出来るのですが量が少ないので食べることで補う必要があります。

成長ホルモンを促すアルギニン(アミノ酸)を食品から

ぶたゼラチン、干し湯葉、かつお節、乾燥高野豆腐、落花生、ごま、大豆(乾燥)、くるみ 、アーモンド 、くるまえび 、しばえび、油揚げ、鶏むね肉皮なし、しゃこ 、クロマグロ、豚ロース、牛ひき肉 、玄米、卵、納豆、干し湯葉
などに多く含まれています。

低糖質食事が成長ホルモンを分泌する

アルギニンを多く含む食品はそもそも高タンパクなものが多いのです。
さらに、糖質をむやみに摂取することで血糖値が乱高下すると成長ホルモンの分泌を阻害するので低糖質の食事は成長ホルモンを効果的に分泌するには理に適っているのです。

まとめ

私がREAL FIT (リアルフィット)ダイエットプログラムxを受けていた2か月間は、高負荷トレーニングを週に2回、毎日の食事は低糖質の食生活を維持していました。筋肉疲労があったので、夜の10時には寝ていましたね。
その代わり、朝4時とか5時に起きて仕事や家事をこなしていました。
成長ホルモンがドバーッと出る生活を知らず知らずのうちにこなしていたことになります。身体も軽かったし、疲れも蓄積しなかったのは実体験としてあります。

リアルフィットのダイエットプログラムを終えると、私の腹筋は体脂肪17%でお腹にうっすら筋肉が見えますね。

リアルフィットでクビレメイク実現

リアルフィットのダイエットプログラム低糖質食事メニューの記録はこちらから→
リアルフィットでの成長ホルモン分泌高負荷トレーニングの記録はこちらから→

Diet Entry’s

格安 東京ダイエットジム 1

糖質制限の食事指導とマシンによる筋肉を鍛えるタイプのトレーニングといえば、ライザップが有名ですね。2か月間で臨んだ結果が出るということで、CMには多くの芸能人がダイエットBEFOREAFTERを見せつ ...

2

ファンクショナルトレーニングの素晴らしさが認知されてきましたね! リアルフィットはファンクショナルトレーニング専門のジム。 リアルフィットは日本にファンクショナルトレーニングを持ち込んだジムなので、ト ...

-ダイエットコラム
-, , ,

Copyright© 私のREALFIT"リアルフィット"|東京ダイエットジム , 2017 AllRights Reserved.